ホーム > 時事・経済要点 >

換金を急ぐ売り手と突然いなくなる買い手:バブルはある日突然崩壊する

2022年09月02日 ネズミ1号:略称「T」
, タグ: , , ,


物理現象としての泡(バブル)は「パチっ」と突然はじけるもの

バブルは弾けるからこそバブルである

この記事やこちらでも取り上げましたが、FRBでは、断固としてハイパーインフレによる経済の混乱を抑え込む指針のようです。

バブルというとちょうどシャボン玉のような泡のことをいいますが、はじけない泡といのはないのも事実。そして泡というものは物理的に、ゆっくり弾けることもしません。はじける時は一瞬で「パチっ」と弾けるものです。

どうせ弾けるものならば、副作用を少しでも抑えるべきでだというのがFRB議長の決意そのものみたいで、ここではそれがハイパーインフレということなのでしょう。


米国株価は一時乱高下の上、上昇傾向にあるようですが、換金を急ぐ売り手がいる一方でどこかのタイミングで買える人がいなくなる時、一気にバブルは崩壊は起こるのかもしれません。


株価が下落することによって、年金運用していた資金も大幅に目減りし、英語でいうPension Planみたいな確定拠出年金額(企業が掛け金を出して株式を運用する制度)も大幅に目減りしてしまい老後の計画が壊れてしまう人も出てくるかもしれません。

「バブルは弾けるからこそバブル」というたとえは的を得ているように思いますが、今、なぜ、各国がインフレ撲滅に躍起になっているのか等、ハイパーインフレの恐怖という過去の歴史の教訓も踏まえ考察してみました。


 

 

株価暴落は突然前触れもなく訪れるもの!?

誰かが気づき始めると、換金を急ぎ大勢がもはや投げ売りのごとく売りまくりはじめる。そういう時がある日突然くるのがバブル崩壊という感じでしょうか?
ブラックマンデーという言葉もありますが、株価大暴落はある日突然訪れるようです。
金融も引き締めされ、金利も上がった中で、次に変える買い手が市場からいなくなってしまうという状況となる訳です。

株式が暴落することで、企業の資本価値も目減りし、資金繰りままならなくなるかもしれません。
少しでも損失分を埋めるべく、人員整理や事業の整理なども行われ失業率も増加するかもしれません。

当然、高価な固定資産でもある住宅などは売れなくなり、賃貸であってもこれまで払えていた賃料が払えなくなるような人も増えるかもしれません。

株式や土地に関わらず、耐久消費財やサービスまで、これまで買う余裕があった人が買えなくなることで、実態経済にも多大なる影響がでるのかもしれません。

バブル崩壊による景気停滞も、ハイパーインフレに比べればまし!?

それでも、ハイパーインフレになって、お金が紙くずになるよりはましとおいうのがFRBの判断なのかもしれません。

FinantialCrisis-1.png

*1923年ドイツで起こったハイパーインフレで、さがる続けるマルクを危惧して食料品店に殺到するベルリン市民

ハイパーインフレになってしまうと、お金は紙くず同然の価値となり、普通に働いて生活費を稼いでいる人であっても、スーパーで食品すら買えなくなってしまうような混乱が起きてしまうからでしょう。

ハイパーインフレの恐怖

ハイパーインフレに陥った事例として、20世紀初頭のドイツが良くあげられます。

有名なエピソード

あるドイツの大金持ちが、ハイパーインフレに苦しむドイツに見切りをつけて、米国に移住するためドイツの豪邸を売り払った。そして港へ行って船の切符を買おうとしたところ、家を売った金ではもはや船の切符を買えなかった。仕方がないので、港から町へ戻るために馬車に乗ろうと思ったら、その間にインフレがさらに進んで、馬車の運賃すら払えなくなっていた。

紙幣の価値がゼロに限りなく近づくという恐怖は、それまでバブルでいい思いをしていた人だけでなく、一般庶民も巻き込み、国家が破綻するレベルの事件へと発展して行くことが想像できます。

貨幣・紙幣の無かった古代の時代に戻ってしまうようなもので、時給自足ができない現代人にとっては生きることすらままならない状況になっていくかもしれません。

もっている金融資産や預貯金がかぎりなくゼロ価値になっていく恐怖は、経験したことがない我々には想像できないものでしょう。

そういう意味では、現FRB議長が、インフレ撲滅に躍起になっているのも理解できます。

一方、世界が金融引き締めに向かっている中、金融緩和しているのは日本だけとなっているようです。「金利がさがりほぼタダに近いコストでも資金需要がない日本」ということですが、日本では通貨は日銀が国債を買って沢山発行されても実際に市中にはそこまで出回っておらず、日銀のバランスシートと口座に積みあがっているだけではないかともいわれています。

日本は、米国やその他先進諸国のようにリーマンショック後の大規模な財政支出(国債により得た資金などで)をやっていないそうですが、2022年度の102兆円とも言われている一般会計予算の内、35%にあた36兆円は国債等による借金となっているようです。

20世紀初頭でドイツで起こったハイパーインフレは、第一次世界大戦の巨額の戦費による借金と、敗戦後課せられた巨額の賠償を賄うべく、通貨を乱発したことで起きたと言われていますが、当時は金本位性だったと思うので、本当の意味で乱発したってことなんでしょうね。

現在の日本の場合ですと、金というよりは、日本全体の精算価値を示すGDPがそれに該当するように思いますが、借金してお金を投入することで、経済が成長すれば問題ないのでしょうが、経済成長が見込めないことがらに浪費しつづけるために、予算を補うべく、身の丈以上の金融緩和をしつづけるようなことをしていたとすると、将来その付けを払うことになるようなことがある日突然訪れるのかもしれません。



2022年09月02日 ネズミ1号:略称「T」
, タグ: , , ,


前ページに戻る


,  タグ: , , ,


おすすめ記事

 

『不動産』の関連記事

  • ||| 換金を急ぐ売り手と突然いなくなる買い手:バブルはある日突然崩壊する

    ,

  • ||| 金利を下げて、タダに近いコストにしても、日本では資金需要が起っていなかった!?

    ,

  • ||| 金融機関から借り入れ前提の新規アパート経営はもはや成り立たなくなりつつある!?

    ,

  • ||| なかなかうまらない月極駐車場スペースをコインパーキング化して安定収入を図る

    ,

  • ||| 金融緩和がはじまって20年:不動産価格は2021年~2022年前半までがピーク

    ,

  • ||| 低金利が続いた住宅ローン金利の今後について調べてみた

    ,

  • ||| 業種で2局化するテレワーク 6割テレワークが進む業種とオフィス回帰がすすむ業種

    ,

  • ||| 日本でスタグフレーション!? 円安、国内物価上昇も所得はあがらないという悪循環がすぐそこまで迫っている!?

    ,

  • ||| そろそろ限界?世界的な金融緩和

    ,

  • ||| 不動産会社が担当が教えてくれた・・2件目の家を買いたいと思った時、どうすればお得に買える?

    ,

  • ||| 東京五輪まで持たない?日本の土地価格はもう限界に来ている?

    ,

  • ||| 土地の実勢価格は庶民と関係のない架空の価値に引っ張られる!?持ち家購入にはどう納得するかが大事。

    ,

  •  

    『住宅』の関連記事

  • ||| 換金を急ぐ売り手と突然いなくなる買い手:バブルはある日突然崩壊する

    ,

  • ||| 金利を下げて、タダに近いコストにしても、日本では資金需要が起っていなかった!?

    ,

  • ||| 震度ではない階級で表される長周期自身が高層階に及ぼす揺れは、思った以上に凄まじい!?

    ,

  • ||| 新築戸建て購入後10年後以降に取り換えが必要となる意外な設備

    ,

  • ||| 2022年末から来年にかけて着工の新築住宅価格が急上昇!?-現建築コストは既に3割近く上昇

    ,

  • ||| 戸建てもユニクロのようなファストファッション風な建築が可能になる!?

    ,

  • ||| 土地の実勢価格は庶民と関係のない架空の価値に引っ張られる!?持ち家購入にはどう納得するかが大事。

    ,

  •  

    『金利』の関連記事

  • ||| 換金を急ぐ売り手と突然いなくなる買い手:バブルはある日突然崩壊する

    ,

  • ||| 金利を下げて、タダに近いコストにしても、日本では資金需要が起っていなかった!?

    ,

  • ||| 株・土地バブルの為に金融引き締めを行うと経済全体を崩壊させることになるのか?

    ,

  • ||| そこまでインフレでない日本、でも住宅ローン金利上昇は避けられない!?

    ,

  • ||| 低金利が続いた住宅ローン金利の今後について調べてみた

    ,

  • ||| 四半世紀続いた米国スーパーバブル崩壊がはじまっている?

    ,

  • ||| 日本の財政は破綻する可能性はあるのか!?低い給与水準がインフレを防いでいる!?

    ,

  • ||| 日本でスタグフレーション!? 円安、国内物価上昇も所得はあがらないという悪循環がすぐそこまで迫っている!?

    ,

  • ||| コンビニ値下げ合戦参入:家計で使えるお金統計依頼過去最低に。

    ,

  • ||| 米失業率改善は人々が求職断念の現れであり、株高はリストラの進行を意味する:ノーベル経済学賞ファーマ教授

    ,

  • ||| 世界経済は失われた10年いや20年に突入する!?逆グローバル化概念で今後の米国産業構造を妄想してみた

    ,

  • ||| ハリウッドでも吹き荒れる「リストラ」の嵐

    ,

  • ||| 2015年以降-日本で大リストラがはじめる

    ,

  • ||| 世界的なディスインフレ:先進国の賃金水準、新興国にあわせ低下し続ける!?

    ,

  • ||| 成熟国では健全な経済成長はもはやありえない!? 世界が日本流の長期停滞に入る恐れも?

    ,

  • ||| 来年2014年:QEなどの実験は失敗、成熟国のインフレ(成長)は難しいと実感する年になる!?

    ,

  • ||| イエレン氏:負の遺産の精算と米経済血流を末端まで流す政策を約束

    ,

  • ||| 量的緩和には配管整備が必要。スティグリッツ教授マクロ施策だけではなんの対策にもならない

    ,

  • ||| 円安一服でアベノミクス期待後退へ!?ポジショントークによる情報戦に惑わされるな

    ,

  • ||| ウォーレンバフェット氏の投資の裏ワザ!実はすごくシンプルだった。

    ,

  • ||| 法人税増税は経済効果にやはりインパクト大!?

    ,

  • ||| 政府の景気対策はなぜ法人を優遇するような施策ばかりなのか?

    ,

  • ||| 消費税増税前の駆け込み消費は損をする!?

    , ,

  • ||| 迫り来る日本財政破綻の危機?消費税増税とアベノミクス

    ,

  • ||| すでに織り込み済みだった!?FRB出口の延期:影響についてまとめてみた

    ,

  • ||| QE3縮小延期から考えてみる庶民のマイナスシナリオ

    ,

  • ||| 太陽風が金融マーケットをリセットするXデー!?

    ,

  • ||| 例えば...共産圏へ流れるマネーという見かた。

  • ||| 円安期待が裏切られる日

  • ||| 急変する各国中銀の「市場との対話法」熟考された修正なのか、意図せざる結果なのか?

  •  

    『金融政策』の関連記事

  • ||| ポンド安でEU離脱した英国の一人勝ちとなる可能性?

    ,

  • ||| 行きすぎな円安は悪い論と近隣窮乏化政策(Beggar thy neighbor)

    ,

  • ||| 最近目にする空売り系記事は米株価下落相場のポジショントーク!?

    ,

  • ||| 換金を急ぐ売り手と突然いなくなる買い手:バブルはある日突然崩壊する

    ,

  • ||| 金利を下げて、タダに近いコストにしても、日本では資金需要が起っていなかった!?

    ,

  • ||| 株・土地バブルの為に金融引き締めを行うと経済全体を崩壊させることになるのか?

    ,

  • ||| そこまでインフレでない日本、でも住宅ローン金利上昇は避けられない!?

    ,

  • ||| 半導体バブルはピークアウトするも、なぜ新車納車を1年以上待つ事態が起こっているのか?

    ,

  • ||| 四半世紀続いた米国スーパーバブル崩壊がはじまっている?

    ,

  • ||| 日本の財政は破綻する可能性はあるのか!?低い給与水準がインフレを防いでいる!?

    ,

  • ||| 日本でスタグフレーション!? 円安、国内物価上昇も所得はあがらないという悪循環がすぐそこまで迫っている!?

    ,

  • ||| 開発と製造の分離ができない自動車メーカーは凋落していく?

    ,

  • ||| 日本でも量的緩和をしているはずなのに日本の消費者物価指数が低いのはなぜ?

    ,

  • ||| そろそろ限界?世界的な金融緩和

    ,

  • ||| 量的緩和をやってしまった日・米・英がこれから直面する局面とは?

    ,

  • ||| バランスシート不況とは何か?みんなが一斉に借金返済に走るとどうなるか!?

    ,

  • ||| FRB量的緩和縮小根拠から推測する来年の景況

    ,

  • ||| 米失業率改善は人々が求職断念の現れであり、株高はリストラの進行を意味する:ノーベル経済学賞ファーマ教授

    ,

  • ||| 世界的なディスインフレ:先進国の賃金水準、新興国にあわせ低下し続ける!?

    ,

  • ||| 成熟国では健全な経済成長はもはやありえない!? 世界が日本流の長期停滞に入る恐れも?

    ,

  • ||| 来年2014年:QEなどの実験は失敗、成熟国のインフレ(成長)は難しいと実感する年になる!?

    ,

  • ||| イエレン氏:銀行は銀行業務をやるべき、投機的な事をすべきではない

    ,

  • ||| イエレン氏:負の遺産の精算と米経済血流を末端まで流す政策を約束

    ,

  • ||| 量的緩和には配管整備が必要。スティグリッツ教授マクロ施策だけではなんの対策にもならない

    ,

  • ||| すでに織り込み済みだった!?FRB出口の延期:影響についてまとめてみた

    ,

  • ||| QE3縮小延期から考えてみる庶民のマイナスシナリオ

    ,

  • ||| 円安期待が裏切られる日

  • ||| 米の量的緩和縮小は日本株にはプラスだが、11月22日までは5月23日の高値を超せない

  • ||| 量的緩和FMOC出口戦略を示唆  3段階で解除 市場混乱避ける

  • ||| 日本人全体が「はめられた」5・23ショック

    ,

  • その他の関連記事

     

    おすすめ記事

    記事カテゴリー

    タグ

     

     

     

     

     

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    過去の記事