ホーム > かわら版 >

太陽風が金融マーケットをリセットするXデー!?

2013年09月18日 ネズミ1号:略称「T」
, タグ:


東洋経済:一種の都市伝説のような見出しですが、近年の金融・世界情勢などと絡めて9月にパラダイムシフトがおきるという面白い内容の記事でした。2013年9月に大規模な太陽フレアが起き、電子機器は壊滅的な打撃を受ける。特に金融システムが壊滅し、現在バブルで膨れ上がったマネーがリセットされ新たな通貨秩序が作られるそうです。


【この記事の要旨】
  • エドワード・スノーデンがリークした内容に2013年9/10月に大規模な太陽風災害が起きるとの情報
  • アメリカ政府はそうした巨大な太陽嵐の到来を1999年から察知していた
  • こうした情報は、スターゲートプロジェクトという透視・予知のできる能力者によって知る所となっった。1995年に終了したはずの同プロジェクトが現在でも行われている?


 

 

作者がソースとしてあげているのがロシア下記ロシアの怪しいサイト
Best satire about Snowden: he leaks info on catastrophic & 'inevitable solar tsunami'

このサイトをよく見ると、確かにしたの部分でスターゲートプロジェクトから太陽フレアによる脅威を知るにいたり、FEMAと中国国家安全局が1999年(14年前)より準備をしてきた..という内容が書かれています。

The Internet Chronicle jocularly notes that Snowden said FEMA & the National Disaster Reduction Center of China have been taking steps for 14 years in light of the findings of Project Stargate.FEMA's own documents, allegedly provided by Snowden

米国政府は政権内に必ず『透視能力』を持つ人を配置する?

スターゲートプロジェクトについては、Wikiを参照いただければ内容がわかりますが、最後は超能力頼みというのが驚きです。レーガン大統領時代に、ファーストレディが重要な外交や政治決断の際に星占いを参考にしていたということが話題になったこともありますが、世界の奥の院ではこうした昔の日本でいう陰陽師のような役回りの人たちがいるような体裁で語られていますが、、シンクタンクを代表する原田氏が東洋経済にこうしたギャグめいた記事を平然と掲載するのも信用という面で何か意図があるのかもしれませんね。

スノーデンリークにより表に出た太陽フレア危機問題

まぁ陰陽師風な体裁を作ろうことで、都市伝説風にアレンジされていますが、太陽風警戒は、日本では宇宙航空研究所が、米国でも民間・政府機関含め結構前より観察し、太陽風予報なども出しているので、事前に科学的に予想され、正解政府により、その事実について伏せるような報道管制がしかれている中スノーデン氏により公にされたというのが一般的な見方ができそうです。

米国科学アカデミーでもThe Newest Thread to all human life on earth:Sorlar Stormといった論文が掲載されているようです。

結果として金融システムが影響受け経済がリセットされるシナリオ

現在世界情勢は、米国金融縮小スケジュール(出口戦略)がほぼ日程どおり2013年内(9月・10月)あたりからされるのではないかとも憶測を呼んでいますが、こうしたスケジュールとのタイミングやシリア軍事侵攻が実質なくなったことなどこうした都市伝説的な情報からいろいろな流れを面白おかしく読むことも一つの発想として興味深いように思います。

日本は消費税導入、財政規律の問題も一緒にリセット?

10月に米国で新しいドル紙幣が発行されるとのうわさが流れいていますが、どうもドルの切り下げを行うのでは?という事のようです。こちらも憶測に過ぎませんが、米国対外債務が紙切れになるのと同時に日本国債にペッグした新1万円札などが発行されるかもなんてことも...日本の場合は国民の貯蓄から買っているものなので、できれば切り下げということはせず、金本位制ならず国債ペッグ方式とう感じでB/S上はチャラという感じが現実的かもしれませんね。

うーん。貿易の決済は新円決済。製造業が復活して円を持つことで、車やICチップなどの部品が購入できるので、資源購入や貿易取引も問題なしとかいう感じなんてやはりありえないでしょうか?



2013年09月18日 ネズミ1号:略称「T」
, タグ:


前ページに戻る


,  タグ:


おすすめ記事

 

『金利』の関連記事

  • ||| 換金を急ぐ売り手と突然いなくなる買い手:バブルはある日突然崩壊する

    ,

  • ||| 金利を下げて、タダに近いコストにしても、日本では資金需要が起っていなかった!?

    ,

  • ||| 株・土地バブルの為に金融引き締めを行うと経済全体を崩壊させることになるのか?

    ,

  • ||| そこまでインフレでない日本、でも住宅ローン金利上昇は避けられない!?

    ,

  • ||| 低金利が続いた住宅ローン金利の今後について調べてみた

    ,

  • ||| 四半世紀続いた米国スーパーバブル崩壊がはじまっている?

    ,

  • ||| 日本の財政は破綻する可能性はあるのか!?低い給与水準がインフレを防いでいる!?

    ,

  • ||| 日本でスタグフレーション!? 円安、国内物価上昇も所得はあがらないという悪循環がすぐそこまで迫っている!?

    ,

  • ||| コンビニ値下げ合戦参入:家計で使えるお金統計依頼過去最低に。

    ,

  • ||| 米失業率改善は人々が求職断念の現れであり、株高はリストラの進行を意味する:ノーベル経済学賞ファーマ教授

    ,

  • ||| 世界経済は失われた10年いや20年に突入する!?逆グローバル化概念で今後の米国産業構造を妄想してみた

    ,

  • ||| ハリウッドでも吹き荒れる「リストラ」の嵐

    ,

  • ||| 2015年以降-日本で大リストラがはじめる

    ,

  • ||| 世界的なディスインフレ:先進国の賃金水準、新興国にあわせ低下し続ける!?

    ,

  • ||| 成熟国では健全な経済成長はもはやありえない!? 世界が日本流の長期停滞に入る恐れも?

    ,

  • ||| 来年2014年:QEなどの実験は失敗、成熟国のインフレ(成長)は難しいと実感する年になる!?

    ,

  • ||| イエレン氏:負の遺産の精算と米経済血流を末端まで流す政策を約束

    ,

  • ||| 量的緩和には配管整備が必要。スティグリッツ教授マクロ施策だけではなんの対策にもならない

    ,

  • ||| 円安一服でアベノミクス期待後退へ!?ポジショントークによる情報戦に惑わされるな

    ,

  • ||| ウォーレンバフェット氏の投資の裏ワザ!実はすごくシンプルだった。

    ,

  • ||| 法人税増税は経済効果にやはりインパクト大!?

    ,

  • ||| 政府の景気対策はなぜ法人を優遇するような施策ばかりなのか?

    ,

  • ||| 消費税増税前の駆け込み消費は損をする!?

    , ,

  • ||| 迫り来る日本財政破綻の危機?消費税増税とアベノミクス

    ,

  • ||| すでに織り込み済みだった!?FRB出口の延期:影響についてまとめてみた

    ,

  • ||| QE3縮小延期から考えてみる庶民のマイナスシナリオ

    ,

  • ||| 太陽風が金融マーケットをリセットするXデー!?

    ,

  • ||| 例えば...共産圏へ流れるマネーという見かた。

  • ||| 円安期待が裏切られる日

  • ||| 急変する各国中銀の「市場との対話法」熟考された修正なのか、意図せざる結果なのか?

  • その他の関連記事

     

    おすすめ記事

    記事カテゴリー

    タグ

     

     

     

     

     

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    過去の記事