ホーム > 時事・経済要点 >

企業価値判断基準に変化:ハイテク企業の投資家評価は成長から利益重視へ

2022年11月18日 ネズミ1号:略称「T」
, タグ:


有り余るマネーによる株価上昇への期待から配当が期待できる利益体質へ

米国巨大IT企業は各社不採算部門の見直しや大幅なリストラ計画が年末にかけて発表されています。

これはひとえに、来季以降、企業決算において、これまで将来の成長性(成長が期待される分野にどれだけ魅力的なチャレンジを行なっているか、もしくはユーザー数や利用頻度)といった指標が株価を評価する上での基準となっていたと言えます。

つまり、特に顕著な利益を出していない企業でも高額な株価を維持していたと言えるでしょう。これは、ゼロ金利、量的緩和による超低コストなマネーが市場にあふれていたからこそIT銘柄の株価の上昇グラフを形作ってくることができていましたが、年末時点で4%台へ近づきつつある利上げにより、FRBにより市場から急速なペースでお金が回収されていると言えます。

泡銭がなくなってくると、企業価値の評価基準は、確実でない将来への期待から、確実に価値が測れる既存展開済みサービスでどれだけ利益をはじきだせているか変わってくるわkです。

もはやバブルによる株価上昇を期待できなくなってきているので、高い利益を確保できる企業の株を誰もが求めるようになるという感じです。また、高い利益が出ている企業からは赤字企業とくらべて國學な配当金も期待できるというという点もこうした企業価値評価基準の変化を後押ししていると言えるでしょう。


 

 

株式低迷期の「大バーゲン」を狙っている投資会社

ソフトバンクも投資戦略を「冬眠」するようですが、これからしばらくの間は実態がしっかりあるサービスやプロダクトを世に出し、きちんと健全な利益を上げている企業にマネーが集中してゆくそうです。

そういう意味では、こうした企業への投資は、IPOして10倍、20倍にキャピタルゲインが得られるという類のものではないので、大口機関投資家が抱えるマネーのステディな受け入れ先として中長期的なゲインを見越した投資の流れとなるのかもしれません。

そういう意味では、個人で株式投資で億り人となるようなシナリオは今後は厳しくなるのかもしれません。

金利上昇とリセッション(景気後退)の接近で苦境に陥りつつある企業が増えている状況下で、大勢を占める投資家が売り抜けて下がり切ったタイミングで、バーゲンセールを狙う投資会社もあるようです。

歴史から景気とは巡回するものなので、下がり切った時に、有望な企業銘柄を安く買いあさるというのは定石なのですが、有望な企業というのは、はやり利益がきちんと出せている企業や仮に利益が出せていなくともスペシャルな他社を寄せ付けない技術などをもっている企業になるのではないでしょうか?

いずれにしても、底値で買いに走れるということは、時代の潮目をしっかりと予想して売り抜けることができているということだとも思いますので、やはりプロはプロということでしょうか?

私はこれまで株や投資信託には手を出してきませんでしが、今回のリセッション局面を見極めながら、大暴落が起きるようであれば、底値のタイミングで、なけなしの貯金をちょっとは投資してみるか検討してみたいと思っています。

底値を元に10年スパンで下がった分が元にもどる前提でどれぐらい儲かりそうか計算してみますが・・

ただ、実際にやるかは微妙かもしれません・・・。



2022年11月18日 ネズミ1号:略称「T」
, タグ:


前ページに戻る


,  タグ:


おすすめ記事

 

『金融政策』の関連記事

  • ||| 企業価値判断基準に変化:ハイテク企業の投資家評価は成長から利益重視へ

    ,

  • ||| 無料が前提だったSNSサービスも景気後退ともにフリーミアム化が推進される

    , ,

  • ||| 配当も利子もつかない仮想通過の暴落が止まらない

    ,

  • ||| 景気をけん引してきたGAFAをはじめとした巨大IT企業で不採算部門の見直しが加速する先に見えるもの

    ,

  • ||| テスラ株暴落、米国IT企業の株価下落と赤字体質脱却リストラから見るリセッション局面

    ,

  • ||| 今後、住宅ローン金利はどういったペースで上昇するのか?

    ,

  • ||| 米国2大IT企業増収・減益から読み解く米景気後退の足音

    ,

  • ||| ポンド安でEU離脱した英国の一人勝ちとなる可能性?

    ,

  • ||| 行きすぎな円安は悪い論と近隣窮乏化政策(Beggar thy neighbor)

    ,

  • ||| 最近目にする空売り系記事は米株価下落相場のポジショントーク!?

    ,

  • ||| 換金を急ぐ売り手と突然いなくなる買い手:バブルはある日突然崩壊する

    ,

  • ||| 金利を下げて、タダに近いコストにしても、日本では資金需要が起っていなかった!?

    ,

  • ||| 株・土地バブルの為に金融引き締めを行うと経済全体を崩壊させることになるのか?

    ,

  • ||| そこまでインフレでない日本、でも住宅ローン金利上昇は避けられない!?

    ,

  • ||| 半導体バブルはピークアウトするも、なぜ新車納車を1年以上待つ事態が起こっているのか?

    ,

  • ||| 四半世紀続いた米国スーパーバブル崩壊がはじまっている?

    ,

  • ||| 日本の財政は破綻する可能性はあるのか!?低い給与水準がインフレを防いでいる!?

    ,

  • ||| 日本でスタグフレーション!? 円安、国内物価上昇も所得はあがらないという悪循環がすぐそこまで迫っている!?

    ,

  • ||| 開発と製造の分離ができない自動車メーカーは凋落していく?

    ,

  • ||| 日本でも量的緩和をしているはずなのに日本の消費者物価指数が低いのはなぜ?

    ,

  • ||| そろそろ限界?世界的な金融緩和

    ,

  • ||| 量的緩和をやってしまった日・米・英がこれから直面する局面とは?

    ,

  • ||| バランスシート不況とは何か?みんなが一斉に借金返済に走るとどうなるか!?

    ,

  • ||| FRB量的緩和縮小根拠から推測する来年の景況

    ,

  • ||| 米失業率改善は人々が求職断念の現れであり、株高はリストラの進行を意味する:ノーベル経済学賞ファーマ教授

    ,

  • ||| 世界的なディスインフレ:先進国の賃金水準、新興国にあわせ低下し続ける!?

    ,

  • ||| 成熟国では健全な経済成長はもはやありえない!? 世界が日本流の長期停滞に入る恐れも?

    ,

  • ||| 来年2014年:QEなどの実験は失敗、成熟国のインフレ(成長)は難しいと実感する年になる!?

    ,

  • ||| イエレン氏:銀行は銀行業務をやるべき、投機的な事をすべきではない

    ,

  • ||| イエレン氏:負の遺産の精算と米経済血流を末端まで流す政策を約束

    ,

  • その他の関連記事

     

    おすすめ記事

    記事カテゴリー

    タグ

     

     

     

     

     

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    過去の記事