ホーム > 時事・経済要点 >

それでもバーナンキがQE3を縮小する理由

2013年06月08日 ネズミ1号:略称「T」
タグ:


東洋経済より:拡大したバランスシートを抱えていては打てる手がすくなくなる。それは、ソフトランディングさせるには資産規模が大きすぎて、市場に大きなインパクトを与えてしまうから。300兆円という現在のレベルで自然償却させる手法がとれるのはまさにこのタイミングしかない!?

  • 【この記事の要旨】
  • 過大なバランスシートが政策余地を狭める懸念
  • バランスシートの縮小は償還に従って自然体で
  • インフレ期待加速なら、政策金利の引き上げで対応


 

 

過大なバランスシートが政策余地を狭める懸念からQE3を縮小せざるを得ない

現在3兆ドル(300兆円)に膨れ上がったFRBの資産だが、毎月8兆円近く資産を拡張しているQE3をこのあたりで縮小しないと、4兆ドル(400兆円)まで膨れ上がってします。こうなるとバランスシートがあまりにも大きすぎて金利を引き上げたり、債権を売却した場合の市場インパクトが大きくなり、ボラティリティ(流動性)が拡大してしまい景気対策に大きな混乱を与える影響があるそうです。

今のタイミングならバランスシートの縮小を償還に従って自然な形で実施が可能

3段階のステップを踏んでバランスシートを小さくし、政策金利(FF金利)を上げて行く。

第1段階が償還をまって自然に縮小するフェーズ。2014年半ばまでにゼロに持ってゆく。9ヶ月かけてゆっくり減らすということ。QE3の終了時点ではバランスシートは大きいままでゼロ金利のまま。

第2段階が償還された債権分の現金を再投資しないフェーズ。償還期限の来ないものはおそらく売却しない。なぜならほんの少し売っただけで市場が混乱する可能性があるから。

第3段階がFFレートの引き上げ。2015年第3四半期頃になる。2015年末にはFFレートが1%というのがFOMOCメンバーの大勢の見方だそうです。

バブル再燃は、政策金利引き上げペースを早めて対応

第1段階から3段階に分けてFRB資産縮小して行くがその間、景気が回復されることが前提となる。ゼロ金利の状態がしばらく続き、流動性が大きい状態野中で、バブルが再燃する可能性も危惧されているようですが、その場合は、FFレードの引き上げペースが早くなるだろうということです。一節には2015年末のFFレートについて1.5%あるいは2%になるかもしれないと言われているようです。

本当はゆっくり進めたいそうですが、こういうケースも有り得るようです。



2013年06月08日 ネズミ1号:略称「T」
タグ:


前ページに戻る


 タグ:


おすすめ記事

 

『金利』の関連記事

  • ||| 低金な住宅ローン金利の今後について調べてみた

    ,

  • ||| 四半世紀続いた米国スーパーバブル崩壊がはじまっている?

    ,

  • ||| 日本の財政は破綻する可能性はあるのか!?低い給与水準がインフレを防いでいる!?

    ,

  • ||| 日本でスタグフレーション!? 円安、国内物価上昇も所得はあがらないという悪循環がすぐそこまで迫っている!?

    ,

  • ||| コンビニ値下げ合戦参入:家計で使えるお金統計依頼過去最低に。

    ,

  • ||| 米失業率改善は人々が求職断念の現れであり、株高はリストラの進行を意味する:ノーベル経済学賞ファーマ教授

    ,

  • ||| 世界経済は失われた10年いや20年に突入する!?逆グローバル化概念で今後の米国産業構造を妄想してみた

    ,

  • ||| ハリウッドでも吹き荒れる「リストラ」の嵐

    ,

  • ||| 2015年以降-日本で大リストラがはじめる

    ,

  • ||| 世界的なディスインフレ:先進国の賃金水準、新興国にあわせ低下し続ける!?

    ,

  • ||| 成熟国では健全な経済成長はもはやありえない!? 世界が日本流の長期停滞に入る恐れも?

    ,

  • ||| 来年2014年:QEなどの実験は失敗、成熟国のインフレ(成長)は難しいと実感する年になる!?

    ,

  • ||| イエレン氏:負の遺産の精算と米経済血流を末端まで流す政策を約束

    ,

  • ||| 量的緩和には配管整備が必要。スティグリッツ教授マクロ施策だけではなんの対策にもならない

    ,

  • ||| 円安一服でアベノミクス期待後退へ!?ポジショントークによる情報戦に惑わされるな

    ,

  • その他の関連記事

     

    おすすめ記事

    記事カテゴリー

    タグ

     

     

     

     

     

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    過去の記事