ホーム > 時事・経済要点 >

円安期待が裏切られる日

2013年07月10日 ネズミ1号:略称「T」
タグ: , ,


ロイター:「アベノミクス」による円安効果についてはクエッション。日本から海外へのお金の流れが日本の経常黒字を相殺できる規模に達していないので円買い圧力が高止まりしているからだとのこと。

【この記事の要旨】

  • 日本→海外への資本フローが経常黒字を相殺する規模に至っていないので円買い圧力が高止まりしている
  • 今年上半期を見ると1.2兆円の資本流入超(黒字)これに対し海外からの資金流入は9000億円
  • 今後こうした経常収支(B/S)が黒字拡大するようなら円高圧力が実は高まる


 

 

ジャンク債はやはり買われなかった!?

年内米国債権購入が減少されるとの憶測から債権利回りが上がる。本来なら日本の金融機関は海外証券への投資を強めると読まれていたようだが、逆に金融機関を中心に日本の投資家は海外債権を取り崩しを続けている。

この流れは、米国を中心とした債券利回りを押し下げる可能性があり、日本の経常黒字をベースとした円買い圧力があるなかで101円台まで反発したドルー円相場のおうだいを超えるのは無理かもしれない。

米国利上げは、2015年以降。経済成長など諸条件が必須

6月の米雇用統計は確かに堅調で、はやければ9月にも緩和縮小に動くと思われて金利が上昇したが、これはあくまでも心理的なレトリックの現れであり、実際は、量的緩和の縮小であった利上げがされるのではない。(→投機的に上昇した金利はなだらかに調整される)第1四半期に年率2%に満たない米国で利上げするのは現実的ではない。

今後、行き過ぎた米国金融緩和縮小への期待は調整され、米国債権利回りの上昇は落ち着く。よって日米金利差の拡大を背景としたドルー円の上昇も見込めなくなる。

全世界的には経済成長はマイナス、その中で日本だけ下支え予想がIMFからも出されている

中国景気の鈍化にともない、円買い戻しの動きも加速する可能性もあり。IMFからは日本だけアベノミクス効果で年内0.4ポイントプラス予想がされている。円キャリーという言葉が以前ありましたが、米ー日の金利差が3%程度をきると資金の流れが逆流すると言われていたように記憶しています。各国中銀によるメッセージに市場が反応しているようですが、冷静になって見てみると、この記事にあるように、海外の大口投資家は、実は、円高ポジションをはっているのかもしれませんね。
本日はちょっとしたニュースを数本ななめ読みしただけですが、それぞれにソース元のさまざまな思惑があるのだなぁと改めて関心して勝手に読み解かせていただきました。皆さんはどう思われましたでしょうか?



2013年07月10日 ネズミ1号:略称「T」
タグ: , ,


前ページに戻る


 タグ: , ,


おすすめ記事

 

『アベノミクス』の関連記事

  • ||| 「法人税減税・構造改革」特に供給サイドに固執した提言の裏に見え隠れするモノを想像してみた

    ,

  • ||| 円安一服でアベノミクス期待後退へ!?ポジショントークによる情報戦に惑わされるな

    ,

  • ||| 法人税増税は経済効果にやはりインパクト大!?

    ,

  • ||| 政府の景気対策はなぜ法人を優遇するような施策ばかりなのか?

    ,

  • ||| 消費税増税前の駆け込み消費は損をする!?

    , ,

  • ||| 迫り来る日本財政破綻の危機?消費税増税とアベノミクス

    ,

  • ||| QE3縮小延期から考えてみる庶民のマイナスシナリオ

    ,

  • ||| 円安期待が裏切られる日

  • ||| アベノミクスは1000%正しい

  • ||| 日本人全体が「はめられた」5・23ショック

    ,

  • ||| 消費税増税とアベノミクスについて考察2

    ,

  • ||| 消費税増税とアベノミクスについて考察1

    ,

  •  

    『経済』の関連記事

  • ||| コンビニ値下げ合戦参入:家計で使えるお金統計依頼過去最低に。

    ,

  • ||| 米失業率改善は人々が求職断念の現れであり、株高はリストラの進行を意味する:ノーベル経済学賞ファーマ教授

    ,

  • ||| 世界経済は失われた10年いや20年に突入する!?逆グローバル化概念で今後の米国産業構造を妄想してみた

    ,

  • ||| ハリウッドでも吹き荒れる「リストラ」の嵐

    ,

  • ||| 2015年以降-日本で大リストラがはじめる

    ,

  • ||| 世界的なディスインフレ:先進国の賃金水準、新興国にあわせ低下し続ける!?

    ,

  • ||| 成熟国では健全な経済成長はもはやありえない!? 世界が日本流の長期停滞に入る恐れも?

    ,

  • ||| 来年2014年:QEなどの実験は失敗、成熟国のインフレ(成長)は難しいと実感する年になる!?

    ,

  • ||| イエレン氏:負の遺産の精算と米経済血流を末端まで流す政策を約束

    ,

  • ||| 量的緩和には配管整備が必要。スティグリッツ教授マクロ施策だけではなんの対策にもならない

    ,

  • ||| 円安一服でアベノミクス期待後退へ!?ポジショントークによる情報戦に惑わされるな

    ,

  • ||| ウォーレンバフェット氏の投資の裏ワザ!実はすごくシンプルだった。

    ,

  • ||| 法人税増税は経済効果にやはりインパクト大!?

    ,

  • ||| 政府の景気対策はなぜ法人を優遇するような施策ばかりなのか?

    ,

  • ||| 消費税増税前の駆け込み消費は損をする!?

    , ,

  •  

    『量的緩和』の関連記事

  • ||| 日本の財政は破綻する可能性はあるのか!?低い給与水準がインフレを防いでいる!?

    ,

  • ||| 日本でスタグフレーション!? 円安、国内物価上昇も所得はあがらないという悪循環がすぐそこまで迫っている!?

    ,

  • ||| 量的緩和をやってしまった日・米・英がこれから直面する局面とは?

    ,

  • ||| バランスシート不況とは何か?みんなが一斉に借金返済に走るとどうなるか!?

    ,

  • ||| FRB量的緩和縮小根拠から推測する来年の景況

    ,

  • ||| 成熟国では健全な経済成長はもはやありえない!? 世界が日本流の長期停滞に入る恐れも?

    ,

  • ||| 来年2014年:QEなどの実験は失敗、成熟国のインフレ(成長)は難しいと実感する年になる!?

    ,

  • ||| イエレン氏:負の遺産の精算と米経済血流を末端まで流す政策を約束

    ,

  • ||| すでに織り込み済みだった!?FRB出口の延期:影響についてまとめてみた

    ,

  • ||| QE3縮小延期から考えてみる庶民のマイナスシナリオ

    ,

  • ||| 円安期待が裏切られる日

  • ||| 米の量的緩和縮小は日本株にはプラスだが、11月22日までは5月23日の高値を超せない

  • ||| 量的緩和FMOC出口戦略を示唆  3段階で解除 市場混乱避ける

  • ||| 日本人全体が「はめられた」5・23ショック

    ,

  • その他の関連記事

     

    おすすめ記事

    記事カテゴリー

    タグ

     

     

     

     

     

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    過去の記事