ホーム > ライフ・その他 >

首都圏近郊で予約をとらなくても気軽に行けるフリーサイトなキャンプ場

2021年09月07日 ネズミ1号:略称「T」
, タグ: ,


キャンセル料を気にしなくてもOKがうれしい。

例年6月ぐらいから8月末にかけてはキャンプハイシーズンになり、どこのキャンプ場も混雑するようになります。キャンプ場によっては予約をしないとダメという所もありますが、そういうキャンプ場に限って、区画整理させれた窮屈なサイトと割高な費用というイメージがあります。

一度丹沢方面のキャンプ場へいってみましたが、子供と2人で7000円という代金。

設備的にはそこまでという感じなのですが、この値段お高いですよねぇ。

何度もリピートしたくなるキャンプ場としては、やはり予約がなくて、フリーサイトなキャンプ場が一番です。また価格麺では、テント一張り3000円、ソロならば専用価格が設定してある(1500円)だとか、分かり易い設定がいいですよね。

ということで、東京近郊で、よく使う値段も手ごろ、基本フリーサイトなキャンプ場を紹介します。


 

 

青野原キャンプ場

ca-001.jpg

相模原にある都心から1時間もかからず行けるキャンプ場。ハイシーズンだと朝早くいかないと満車となることがありますが、朝6時から7時ぐらいに来て、テントを設営しておいて、受付がはじまってから支払いを済ます形をとればほぼ確実にサイトが取れると思います。

道志川が流れる広大な敷地となっているので、ソロから家族連れまで楽しめるキャンプ場だと思います。

また、しばらくコロナでシャワーなど使えない状態が続いていましたが、この前いったらシャワーが使えるようになっていました。

トイレは工事中でしたが、工事前の工事はそこそこキレイなトイレでした。多分ですが、工事が終わるとさらにキレイになっているのではないかと思います。

神奈川県相模原市緑区青野原918-1

TEL:042-787-0477

HP: https://www.aonohara-acl.jp/

アクセス:★★★★★

きれいさ:★★★☆☆

サイトの質:★★★☆☆
(平である・雰囲気がいい)

携帯つながる:○

<施設について>

トイレ、シャワーが完備されています。

トイレについては、真新しさはないですが、きれいに清掃されていると思います。

キャンプサイトの全面には、道志川が流れていて、お子さんと一緒に川遊びができる素晴らしい環境です。

川沿いは、BBQなどデイキャンプができるエリアがありますが、SUVなどで川の目の前まで乗り入れることも可能です。ちょっとしたオフロード走行も楽しめる感覚でしょうか・・。

<料金>

3人家族でだいたい3000円から4000円。このキャンプ場のいいところは、チェックインが午前8時、チェックアウトが午後5時までというところ。前日の朝早めに来て、翌日も夕方まで遊べるのがうれしいキャンプ場です。

新戸キャンプ場

ca-002.jpg

青野原キャンプ場と川を挟んで向かいのキャンプ場です。

とても良いキャンプ場なのですが、1つ難点としてキャンプ場へ行くまでの道路が非常に狭い点がネックです。大き目のSUVで以前新戸キャンプへ入ろうとしましたが、なんとかは入れましたが、この車では次は厳しいと確認しました。ちなみに、大型SUVの車幅は、1925mm。以前のっていたステーションワゴンが1820mmの時は、かなり道狭いなぁ・・と思いつつそれなりの通行できていましたが、車幅が1900mmを超える車ではちょっと厳しい感じかもしれません。

神奈川県相模原市緑区寸沢嵐2362

TEL:042-787-0141

HP: https://shindocamp.com/

アクセス:★★★★☆

きれいさ:★★★☆☆

サイトの質:★★★☆☆
(平である・雰囲気がいい)

携帯つながる:○

<施設について>

トイレについては、サイト中央にキレイな木造トイレがあります。シャワーもついていて、ちょっと古めかしいですが十分使えるものでした。

ちょうど青野原キャンプ所の向いとなりますが、道志川下流のサイトと、上流側サイトとがありますが、上流側サイトは落ち着いた雰囲気でお気に入りでした。下流側サイトはちょうど川の水が溜まっている渕などもあり、夏は泳いだりすることもできたと思います。

難点としては、受付へ降りるまでの道がとにかく狭い点です。
横幅が1830cmを超えるような車だと、ちょっと厳しいかもという感じでした。
うちの場合、SUVに変えてから1度、新戸キャンプ場に行って以来、道路の狭さが怖くてなかなか行けずじまいとなっています。

<料金について>

家族3人で3000円から4000円ぐらいだったと思います。
たしかデイキャンプも1500円ぐらいでやっていて、都内から近いということもあり子供が小さい時によく使っていたキャンプ場です。

椿荘キャンプ場

ca-003.jpg

サイト3つの広いエリアで構成されています。

中央にあるサイトを基点として、左右にサイトがある感じです。

このキャンプ場のいいところは、フリーサイトで、直火ができる点。木々に囲まれた森の中のようなサイトの雰囲気は一番かもしれません。

ロープや白線などによるサイトを仕切るものはなく、気に入った場所を見つけてキャンプできるイメージ。直火をする際は、サイトに転がっている焚き火ができるコンクリートの切片のようなものを使って焚き火ができるようです。

もちろん焚き火台を使って焚き火も可能です。

山梨県南都留郡道志村椿4058

TEL:0554-52-2056

HP: http://tubakiso.com

アクセス:★★★★☆

きれいさ:★★★★☆

サイトの質:★★★★☆
(平である・雰囲気がいい)

携帯つながる:○

<施設について>

シャワー施設はなかったと思いますが、受付で歩いて行ける距離にある紅花の湯という温泉の半額券をもらえます。(大人半額600円で入浴可能)

トイレもそこそこキレイで洗い場には夏場に食材や飲み物を入れて置ける大型の冷蔵庫などもありました。

<料金>

デイキャンプがだいたい2000円、ソロ限定料金があり昔は1500円でしたが、この前いったら2000円でした。

家族キャンプでも3000円強ぐらいで値ごろ感が気に入っています。

あとこのキャンプ場のいいところは、近くにある紅花の湯という温泉の割引チケットももらえる点。このチケットを使うと大人600円こども300円で温泉も楽しむこともできます。

道志の森キャンプ場

ca-004.jpg

椿荘よりも15kmから20kmぐらい山中湖側にあるキャンプ場です。

椿荘と同じく森の中のような雰囲気に沢がながれるまさに自然を満喫できるキャンプ場です。上の方には、大きな人工池プールがあるサイトもあり、夏場は小さなお子さんがいらっしゃる方でも安全に遊ぶことができる環境があると思います。

ただ、1点このキャンプ場の難点なのが、携帯の電波が入らない点。

受付近くは携帯の電波が入るのですが、サイトの方に行くと電波は一切入りません。

雰囲気は最高なのですが、パソコンを持参してキャンプすることが多いので、個人的には電波がつながるようになってくれれば最高におススメのキャンプ場の一つに押したいと思います。

山梨県南都留郡道志村10701

TEL:0554-52-2388

HP: https://doshinomori.jp/

アクセス:★★★☆☆

きれいさ:★★★★★

サイトの質:★★★★☆
(平である・雰囲気がいい)

携帯つながる:✖

<施設について>

トイレや洗い場は、新しくてきれいなので、女性なども違和感なく使えると思います。橋のところにお風呂がありますが、大分年期が入っている建物で実際使えるのかは不明です。

お風呂に入りたい人は、車で20分ぐらいのところにある道志の湯という温泉がおススメかもしれません。

<料金について>

家族3人で3500円ぐらいだっと思います。デイキャンプで使ったこともありますが、確か1500円とリーズナブルな代金でした。

本栖湖キャンプ場

ca-005.jpg

都内からは遠いのですが、距離のことを考えなければ、個人的には一押しのキャンプ場です。富士山は見えないのですが、本栖湖のすぐ隣にあって森の中に本当に自由にテントを張ることができるキャンプ場です。

特に夜の雰囲気がいい感じ。

ソロでリピートしていたのですが、やはり東京からは遠いですね。

秋口以降は、本栖湖湖畔で済み切った夜空に天の川もしっかり見えたりして感動します。ただし、山の中のキャンプ場なので、天気が結構変わりやすいイメージもあります。私の場合、雨の日に行くことが多いのですが、とにかくサイトが広くて、森の中・・!という独特な雰囲気があるので都内からは遠いですが、いざ、行ってみると満足できると思います。

山梨県南都留郡富士河口湖町本栖18

TEL:0555-87-2306

HP: https://www.motosuko-camp.com/

アクセス:★★★☆☆

きれいさ:★★★★☆

サイトの質:★★★★★
(平である・雰囲気がいい)

携帯つながる:○

<施設について>

売店があり、調味料からカップラーメン、お菓子、アルコール、アイス、ソフトドリンクや小物まで大抵のものは販売されているので、忘れ物をしたときも、大抵売店でまかなえるてしまいます。

300円のコインシャワー、トイレ、洗い場もそこそこキレイで必用十分な設備は整っているので、標高が高い本栖湖の奥という立地ですが、このキャンプ場内で問題なくキャンプを楽しむことができます。

<料金について>

非常に分かり易く、テント一張り3000円、ソロの場合は1500円。

人数とか、駐車台とかそういうまどろっこしい料金設定はなく、安心して行けるところがうれしいかぎりです。

<施設について>



2021年09月07日 ネズミ1号:略称「T」
, タグ: ,


前ページに戻る


,  タグ: ,


おすすめ記事

 

『アウトドア』の関連記事

  • ||| 首都圏近郊で予約をとらなくても気軽に行けるフリーサイトなキャンプ場

    ,

  • ||| ソロキャンプ初心者:揃えたい道具一式と予算感っていかほど?

    ,

  • ||| キャンプ場に氷を持っていける!STANLEYの真空グロウラー

    ,

  • ||| ダイソーの使い捨て炭火コンロでお庭バーベキュー

    ,

  • ||| ベルモント(Belmont) TOKOBIスタンダードセレクション買ってみた感想

    ,

  • ||| 雨の日のキャンプを楽しむテクニック

    ,

  • ||| DoDライダーズタンデムテント-購入理由とその後の満足度について

    ,

  • ||| アウトドア・キャンプで使える最強のガスバーナーテーブルはこれ!?

    ,

  • ||| 【経験から学ぶ】失敗しない!末永く使えるキャンプ用品・道具の選び方

    ,

  • ||| 初心者でも大丈夫!秋冬キャンプを快適に!リーズナブルに揃えるおススメキャンプ用品

    ,

  • ||| 家族で秋冬本格キャンプ必須装備~寝具周りにお金を掛けるべし~超豪華快適編

    ,

  • ||| キャンプに本格的にハマってきたら揃えたい:秋キャンプを楽しむオススメ快適テント

    ,

  • ||| 失敗しないキャンプ用品の選び方:初心者は特に道具のコンパクト化による手軽化がポイント

    ,

  • ||| 自転車に格納できるコンパクトテントーBikeTireTent

    ,

  • ||| こんなアウトドアしてみたい:ドイツにある空中テント宿泊リゾート

    ,

  •  

    『キャンプ』の関連記事

  • ||| 首都圏近郊で予約をとらなくても気軽に行けるフリーサイトなキャンプ場

    ,

  • ||| ソロキャンプ初心者:揃えたい道具一式と予算感っていかほど?

    ,

  • ||| ベルモント(Belmont) TOKOBIスタンダードセレクション買ってみた感想

    ,

  • ||| 雨の日のキャンプを楽しむテクニック

    ,

  • ||| DoDライダーズタンデムテント-購入理由とその後の満足度について

    ,

  • ||| アウトドア・キャンプで使える最強のガスバーナーテーブルはこれ!?

    ,

  • ||| 【経験から学ぶ】失敗しない!末永く使えるキャンプ用品・道具の選び方

    ,

  • ||| 初心者でも大丈夫!秋冬キャンプを快適に!リーズナブルに揃えるおススメキャンプ用品

    ,

  • ||| 家族で秋冬本格キャンプ必須装備~寝具周りにお金を掛けるべし~超豪華快適編

    ,

  • ||| キャンプに本格的にハマってきたら揃えたい:秋キャンプを楽しむオススメ快適テント

    ,

  • ||| 失敗しないキャンプ用品の選び方:初心者は特に道具のコンパクト化による手軽化がポイント

    ,

  • ||| 自転車に格納できるコンパクトテントーBikeTireTent

    ,

  • その他の関連記事