ホーム > ライフ・その他 >

ダイソーの使い捨て炭火コンロでお庭バーベキュー

2021年04月06日 ネズミ1号:略称「T」
, タグ: , ,


後片付けのことを考えずにバーベキューができたらどんなにいいか・・

誰しもが一度はこのようなことを考えたことがあるのではないでしょうか?

炭火でたれ付きのお肉屋や塩だけふった魚介を焼いて食べる。まさにこれこそバーベキューの王道ともいえるるでしょう。

近年では、長引くコロナ禍で、お家でいろいろと仕込みながら楽しみ方を探している人も大ことだと思いますが、家でやるバーベキューで1つ難点なのが、炭火です。

特に都内ですと、たとえ、自分の敷地の庭であっても屋外キャンプ場のように焚き火台で薪を燃やすのは躊躇してしまいますよね。ということで大抵の方は、携帯ガススタンドの上に鉄板などを置いてバーベキューをやっているのだと拝見しますが、やっぱり炭火で焼きたいと思うのが正統派ではないでしょうか?

そんな中、100円ショップで見つけた使い捨てインスタントコンロというものが前から気になっていたので、今日は、実際に使ってみたところの感触というか、これっていけるのか?なども含め紹介します。


 

 

じっくり、ゆっくりちびちび焼きあがるのを待つという商品です。

封を開けると、まず目に入るのが、ロウみたいな燃料がしみこまされた袋に包まれた木炭系の炭袋が2つ。こちらの商品は、5人までを想定した定価税込み500円のもの。

実は、以前ソロキャンプで300円の1,2人用のものも経験積みなのですが、そちらはこの袋が1つだけでした。

daiso-instantconlo-1.png

この袋にマッチなどで、人付けて、包まれている木炭に火が通り、じっくり焼ける状態になるまで待つのが基本的な使い方となります。

木炭を均等に炭火にするために一工夫しましょう。

ライターやマッチで火をつけるだけでも十分木炭が炭火になるのですが、私の場合は、早めに均等に炭火ができるように、着火剤を均等に垂らしてからマッチで火をつけるといった一工夫を工程として加えています。

こうすることで、苦労することなく、ちらっと火をつけるだけで、全体に均等に火が燃え上がり、木炭を包んでいる燃料がしみこんだ紙も程よく燃えて、いい具合に炭火が出来上がるわけです。

daiso-conlo-001.png

だいたい15分ぐらい待ちながら炎が収まり、(包んでいる紙が燃えきって)木炭が全部あらわになったら準備完了となったとみて間違いないでしょう。

daiso-conlo-01.png

段取り通りに火をつけると↓のように、はじめは勢いよく木炭を包んでいる袋が燃えます。

5分から10分すると、包みが燃えきるのですが、一部燃えきれらない部分もでてくるので、その部分に着火剤を垂らし、さらに均等に燃えきる(木炭に熱が加わり炭火となるように)ように調整することも忘れないこと。

まだ右側の包みの部分が燃えきっていないですね。

daiso-conlo-00.png

だいたい全体的に包みが燃え尽きようとしている様子

daiso-instantconlo-2.png

ジュージューと短時間で焼くのではなく、じわじわという感じ

炭火の順ができると、右下の写真のようにほぼ炎はでなくなります。

「あれっ火ついているのかな?」と初めのうちは疑ってしまうかもしれませんが、お肉や野菜をのせると、じっくりジュージューとしっかり焼きあがります。

どちらかとおいうと急いで焼いて食べるというよりは、話をしながら、お酒をちびちび飲みながら、いい焼きが加減になったものをつまんでゆくという感じです。

だいたいですが、炭火ができてから90分弱(木炭が灰になってなくなるぐらいまで)はゆったりとバーベキューを楽しむことができます。

daiso-instantconlo-3.png

※油がおちると火が出て火力が強くなりますが・・・ゆっくり、のんびり焼きを楽しむというのが基本。

キャンプやアウトドアしている人は、火力を求めがちだが・・・同じように考えてはいけない

この使い捨てコンロの炭は、見たところ、炭を固めて使った丸型の木炭です。ですので、キャンプ場で使うような木を燃焼させてつくった炭とは違い、団扇で風を送っても決して火力が強くなる高尾はありません。お肉などの油ものを焼くとあぶらが落ちて↓のように火がでますが、基本は木炭がじわじわ遠赤外線のように熱気を出しつ付けてくれる感じです。

daiso-conlo-002.png

良いところ

バーベキューというと、焼いている人はたべられない、楽しめない・・ということが多いように思いますが、この使い捨てコンロは、じっくりこんがり焼きあげてくれるので、焼いているものをひっくり返したり、焦げないように瞬時に取り上げたりする必要がなく、適当に、ものぐさに、のんびりと焼きながら、焼き担当の人も、お酒をちびちび伸びなたらゆったりバーベキューできる点ではないでしょうか。

そういった意味でもスローなバーベキューを楽しめるのがこの商品だと思います。

バーベキューが終わった後は、入っていた箱に、このコンロごと入れて不燃ごみで出せてOKという感じ。

後片付けについても、一切手間いらいずです。



2021年04月06日 ネズミ1号:略称「T」
, タグ: , ,


前ページに戻る


,  タグ: , ,


おすすめ記事

 

『お家バーベキュー』の関連記事

  • ||| ダイソーの使い捨て炭火コンロでお庭バーベキュー

    ,

  •  

    『アウトドア』の関連記事

  • ||| 首都圏近郊で予約をとらなくても気軽に行けるフリーサイトなキャンプ場

    ,

  • ||| ソロキャンプ初心者:揃えたい道具一式と予算感っていかほど?

    ,

  • ||| キャンプ場に氷を持っていける!STANLEYの真空グロウラー

    ,

  • ||| ダイソーの使い捨て炭火コンロでお庭バーベキュー

    ,

  • ||| ベルモント(Belmont) TOKOBIスタンダードセレクション買ってみた感想

    ,

  • ||| 雨の日のキャンプを楽しむテクニック

    ,

  • ||| DoDライダーズタンデムテント-購入理由とその後の満足度について

    ,

  • ||| アウトドア・キャンプで使える最強のガスバーナーテーブルはこれ!?

    ,

  • ||| 【経験から学ぶ】失敗しない!末永く使えるキャンプ用品・道具の選び方

    ,

  • ||| 初心者でも大丈夫!秋冬キャンプを快適に!リーズナブルに揃えるおススメキャンプ用品

    ,

  • ||| 家族で秋冬本格キャンプ必須装備~寝具周りにお金を掛けるべし~超豪華快適編

    ,

  • ||| キャンプに本格的にハマってきたら揃えたい:秋キャンプを楽しむオススメ快適テント

    ,

  • ||| 失敗しないキャンプ用品の選び方:初心者は特に道具のコンパクト化による手軽化がポイント

    ,

  • ||| 自転車に格納できるコンパクトテントーBikeTireTent

    ,

  • ||| こんなアウトドアしてみたい:ドイツにある空中テント宿泊リゾート

    ,

  •  

    『ソロキャンプ』の関連記事

  • ||| ソロキャンプ初心者:揃えたい道具一式と予算感っていかほど?

    ,

  • ||| キャンプ場に氷を持っていける!STANLEYの真空グロウラー

    ,

  • ||| ダイソーの使い捨て炭火コンロでお庭バーベキュー

    ,

  • ||| ベルモント(Belmont) TOKOBIスタンダードセレクション買ってみた感想

    ,

  • ||| 雨の日のキャンプを楽しむテクニック

    ,

  • ||| DoDライダーズタンデムテント-購入理由とその後の満足度について

    ,

  • ||| アウトドア・キャンプで使える最強のガスバーナーテーブルはこれ!?

    ,

  • その他の関連記事