ホーム > ライフ・その他 >

東京から日帰りで楽しめる!夏の穴場海水浴場スポット:真鶴-琴ヶ浜

2022年06月27日 ネズミ1号:略称「T」
, タグ:


~南の島にいかなくてもそれなりにプチ南国の海のようなシュノーケリングが楽しめる~

2022年の夏は6月中に梅雨明けしたようですが、ここまで猛暑日が続くと、やっぱり海に行きたくなりますよねぇ。

あまり遅い次期ですとクラゲなんかもでてくるので、今年は7月初旬には我が家でも数年ぶりにシュノーケリングしに日帰りで海に出かけようかなと考えています。

東京から日帰りで行ける海水浴スポットはいくつかあると思いますが、シュノーケリングがきちんと楽しめる真鶴町の琴ヶ浜海岸が気に入っているので紹介します。


 

 

真鶴 琴ヶ浜海岸

東名用賀インターからだいたい1時間半のアクセス。
丁度、熱海の手前で突き出ている半島にある穴場スポットです。

manaduru-kotogahama01.png

注意点としては、あまり駐車場があまり大きくないので、朝流行モノ勝ちというところでしょうか..。

私がいつも使う駐車場は確か1000円ぐらいだっと記憶しています。
奥に更衣室と温水シャワーがあって、300円で生みあがりにさっぱりすることもできます。(石鹸やシャンプーも置いてありました。)

浜辺の様子

琴ヶ浜は岩場+岩礁なんですが、港がある湾になっているので、波も穏やかで、潮の流れも穏やかなので、安心してシュノーケリングできるのが特徴と言えるかもしれません。

小さいお子さんの場合は、岩場にたまった潮だまりで小魚を捕まえたり、水遊びもできたりします。

manazuru-kotogahama-2.pngmanazuru-kotogahama-1.png

スノーケリングで見れるもの

魚については、詳しくないのですが、色とりどりの魚はもちろん大きな魚なども見ることができます。海底の岩場では、ウニなども見ることができます。

サンゴはなかったように思いますが、きれいな海藻が生い茂っているスポットもあるのでちょっとした南の島のスノーケリング気分が味わる感じです。

スノーケリングする際は、フィンを必ず使うことをおススメします。

一応港の防波堤が遠くにあり、入江となっている地形で潮の流れが緩いのですが、フィンがあった方がアクティブにスノーケリングしながら移動ができるのでお勧めです。

manazuru-kotogahama-6.png manazuru-kotogahama-4.png manazuru-kotogahama-3.png manazuru-kotogahama-5.png

海岸沿いのお店では、子供の磯遊びように網なども売っているので、小さな子は網で魚を救って楽しんだりすることもできます。

500.png

海水浴後に回れる周辺には観光スポットも豊富

海上がり、車で回れる観光スポット。ただ海水浴するだけでなく、海上がりにちょっとしたドライブをしながら観光スポットも日帰りで回るこもできます。

貝殻博物館手前の真鶴岬(まなずるみさき)海水浴場駐車場から、がけの道をおりると・・

manazuru-8.png

岩礁地帯にでることができます。
海岸をあるける遊歩道もあって散策できます。
manazuru-7.png

遠くの方に、昔石切り場としてなったような洞窟も確認できます。

manazuru-20.png

こちらは、貝殻博物館の中を通って、その先端にあるがけを下る遊歩道の入り口。
ここが正真正銘の最南端なのだとか・・・

manazuru-11.png

結構急斜面ですが、階段や道をくだっていくと・・

manazuru-10.png

三石が遠くに見えます。よく見ると鳥居があるのも確認できます。

manazuru-9.png

帰り道の国道沿いの魚料理も楽しみの1つ

高速入り口まで海沿いの道が1本なのですが、数件お土産屋件、食べ物やがあります。

新鮮な魚介を食べられるので、帰りによって食べると〆として達成感が味わえます。

manazuru-food2.pngmanazuru-food1.png

真鶴-琴ヶ浜海岸を楽しむのにあると便利なおススメアイテム

  • スノーケリングセット
  • 小さなお子さんがいる場合は子供用ライフジャケット
  • 折り畳み簡易テント
  • クーラーボックス
  • コンパクトな折り畳み椅子

椅子については、地べたは厚いので、ぬらた水着で座るという意味も兼ねたあった方がいいです。

折り畳みテントについては、以下のようにワンタッチで広げられるものがおススメです。
海岸で着替える時などは、更衣室替わりに使えますし、クーラーボックスや荷物を中にいれておくと日よけにもなります。

Eackrola ポップアップテント

pop-up-tento-1.png

シンプルなポップアップテント

pop-up-tento-2.png



2022年06月27日 ネズミ1号:略称「T」
, タグ:


前ページに戻る


,  タグ:


おすすめ記事

 

『アウトドア』の関連記事

  • ||| 顔が大きめの人でもしっかり包み込んでくれるサングラス

    ,

  • ||| 東京から日帰りで楽しめる!夏の穴場海水浴場スポット:真鶴-琴ヶ浜

    ,

  • ||| 気になっていた網焼きが手軽に楽しめるカセットガスコンロ

    ,

  • ||| キャンプや登山で便利なガスバーナー:Jetboil-Minimo

    ,

  • その他の関連記事

     

    おすすめ記事

    記事カテゴリー

    タグ

     

     

     

     

     

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    過去の記事